えるばブログ

精神的に楽になって生きやすくなった理由を書くブログ

30歳で自分は終わる

現在25歳の自分の20代前半を振り返ったとき、自分の人生を30歳で終わってしまうのではと思うくらい、慌てていたなと思う。

振り返ってと書いたけど、今も変わらず30歳までしか時間がないような感覚で生きている気がする。

 

歴史上の偉人の中には、30歳前後で他界した人がいる。彼らは人生を熱意高く生き、自分の理想を追いかけていたからこそ、短い人生だけども後世まで、語り継がれるインパクトを残している。

一方で、自分はどうかというと、一心不乱さは近いかもしれないけど、自分の熱意で動いていたかというとそうでもない。危機感からくる何か追われるような感覚から逃げるために、必死に動いていた。

別に何か目標があったわけじゃないけど高いところを目指さないと潰される感覚と、動かないことで損するという不安が強かった。たぶん安心したいんだと思う。

 

昔とある人から「生き急いでいる」と言われたことがある。初対面の方だったけど、自分のこと的確に言われているなと感じた。

その人の人を見る目が凄いのか、誰が見てもそうだったのかわからないけど、客観的に見ると、変にギラついていたんじゃないだろうか。

そうだった自分を反省する。

 

なぜそんなに生き急いでいたのかと考えると、やはり危機感からだと思う。こうじゃないとダメ、後々しんどくなるなるという不安感から、必死に勉強をして、仕事をしていた。

そして自分の中で後々というのが30歳。特に根拠はないけれど、感覚として強い。

でももし、自分が感じている不安を30歳で完全に拭い去ったとしても、30歳以降やりたいことは今のところないし、なかった。

だからもし30歳で不安から逃げられたとしても、先には何もなくて燃え尽きていると思う。

 

人生100年時代と言われているけど、自分は、100年を30年に短縮しようとしてしまっているんじゃないだろうか。それぐらい頭の中の理想がスピーディーすぎる。

そんなペースだったら、精神が30代で終わる。

 

人生は短いというけれど、僕程度の感覚の人なら、もう少し長い。だから、毎日危機感からくる義務感だけで動く必要はない。もうちょっと自分にとって楽しいことも取り入れようと思う。

義務を果たすことも大事だけど、自分の持っている権利を使うことも大事なんじゃないのか。

自分にやっていいことはまだたくさんあると思うと、人生もうちょっと先にやりたいことって見つかる気がする。

 

 

現在と過去の自分の感覚を言葉にしてみた。どこに進んでいるのかわからないけど、とりあえず不安を消せそうなところを目指していた。

でもそこに向かって30歳で到達しても、そのあとが何もない。だから自分は30歳で終わる。楽しさを見出せないから。

30歳以降も自分を続けていけるように、楽しいなと思うことを見出していきたい。

 

追いかけられるのではなく、追うような人生にすれば、自分は30歳で終わらないのではないか。