えるばブログ

自立するためにすべきこと、静かなライフスタイルについて

【手ぶら歴1年】手ぶらで出かけるデメリット

f:id:erba15:20200530141131j:plain

手ぶらで出かけてみたいけど、リュックやカバンを持っていないと不安という方にお勧めの記事です。
メリットよりもデメリットに重点を置いています。

 

僕の手ぶら生活

キッカケ

僕が手ぶらで出かけるようになったのは1年前から。
キッカケは、物忘れが激しくて、家の鍵を忘れたり、どこに何を入れたのか分からなくて、出先でものを探すことが多く、不便だったからです。

 

手ぶら以前の僕の持ち物

学生時代から社会人一年目の話ですが、持ち物は、スマホ、財布、教科書や本、ノート、筆入れ、手帳、折り畳み傘、運動部みたいな水筒、買い物袋を山登りに行くようなリュックに入れて毎日出かけていました。

f:id:erba15:20200530143825j:plain

昔、愛用していたリュック。電車移動のとき大変だった。


本なんて、外出時に読む時間もないはずなのに、「もし空き時間ができた時間を無駄にしたくない」と思って、常時2冊持ち歩いていました。
持ち物が多い人がこのようなIFが多いと思います。

ストレングスファインダーという自己分析ツールで何事も細心の注意を払って行動を起こす資質である「慎重さ」が上位に来る僕は、どうしても、もしもの時のために、様々な可能性を想定してしまいます。

 

手ぶら生活になってからの持ち物

ここで今現在僕が外に出かけるときに持ち歩いているものを紹介します。

財布

f:id:erba15:20200530143748j:plain

お気に入りの財布。中身はお札とカードと鍵だけ。


L字型の財布。かなり薄いのでかさばらないです。
中身はお札とクレジットカード、家の鍵が常時入っていて、美容院の会員証や通院している皮膚科の診察券と保険証を行くときだけ入れています。

お金については、近所のカフェなどキャッシュレス対応をしていないところや友達と遊ぶ時用に3000~5000円入れてます。
それ以外は全部クレジットです。

この財布にしてから、鍵のポジションが完全に決まったので、鍵を忘れたり、どこに入れたっけと探すことは無くなりました。

 

スマホ

iPhone8を使っています。
僕のスマホの用途は、電車乗るときにモバイルsuicaを、散歩のときに写真を、あとはメモぐらいです。
連絡や調べ物はほとんどパソコンでやります。

スマホの用途が少ないのは、脱スマホしたくて、スマホに依存していたものをアナログにしたり、パソコンだけで出来るようにして、いつでもどこでもできる便利さを捨てているからです。

 

紙とペン

f:id:erba15:20200530143759j:plain

持ち運ぶときは、紙を折りたたんでいる。


簡単なメモや考え事をしたいときに使います。
頭で考えると、悩みがどんどん溜まってしまうので、考えたらまず外に出すように心がけています。
基本はポケットに忍ばせています。

 

手ぶら生活のメリットは圧倒的な楽さ

基本的にポケットにすべてのものが入っているので、物忘れと誰かに盗まれる心配をしなくていいです。

また、電車など移動中、大きなリュックを持って邪魔になったりしないので、人に迷惑も掛かりません。

 

 

手ぶらで出かけるデメリット

メリットもあれば、当然デメリットもあります。
子のデメリットを許容できれば、手ぶらで生活しても問題ないと思います。

 

緊急事態に対応できない

急に雨が降ったときや、今すぐ仕事をしなければいけない用事が入ったとき、手ぶらだと対応できないです。

雨の場合、傘が無くてもコンビニで買えます。
しかし、1本600ぐらいするので、ケチな僕にとっては大きい出費だなと感じます。
しかもコンビニで買った傘って盗まれやすい。

手ぶらで外出する際は、転機に気を付ける必要有です。

 

スマホ依存になりやすい

スマホの機能をたくさん使うようになるので、必然的にスマホの使用率は上がります。

スマホを有効活用できている人は大丈夫だと思いますが、僕はスマホに使われているなと思うくらい、一度使い始めると、スマホから目が離せなくなります。

用もないのにスマホを開いてしまう人は、気を付けた方がいいかもしれないです。
耐性も悪くなるので、身体にも悪いです。

 

外で買い物しづらい

外で買い物したとき、リュックを持ち歩いていた時は、中にしまうことが出来ていたのですが、手ぶらだとむき出しで持ち歩くことになります。

特にレジ袋有料化した現在では、買い物に今までよりもコストがかかるので、外に出た時必ず買い物をするよって人には不便かもしれません。

 

夏の手ぶらは難しい

冬はアウターの内ポケットなど、収納できる場所が豊富なので問題ないです。
しかし、夏は基本ズボンのポケットしかないので、収納できる場所は限られます。

スマホや財布だけならいいけど、それ以上のものを入れると、不自然に膨らんで、ダサくなります。

 

本やパソコンを持ち運べない

手ぶらだと本の中で一番小さい、新書や文庫ですら、ポケットに入らないので持ち運べません。
当然、ノートパソコンも持ち運べません。

カフェで作業や読書したいとき手ぶらだと難しいかもしれません。

 

多少変わった人に見られる

普段特に目立たない僕でも、バイト先に行ったとき、手ぶらできたことを言うと、ちょっと変な人だなと思われます。

僕は気にならなくて、むしろかっこいいと思っていますが、あんまり変な目で見られたくないという人はリュック等持ち歩いてもいいと思います。

 

パソコンを収納できるくらいのリュックを持ってみればいい

デメリットを見ると、最大でパソコンを入れることが出来る、カバンを持っておいていいのかもと思います。

僕は、たまに外で作業したくなった時用のリュックと、お薬手帳を持っていかなければいけない時用に、斜め掛けのバックを持っています。

 

無理して手ぶらにこだわる必要はないです

僕は手ぶらでの外出に慣れてしまったのでメリットが多いです。

でも、どうしても持ちたいものが多いという人は無理して手ぶらになる必要はないです。

もともとほとんど家で事足りる僕にとっては、外に出かける時間も多くないし、用事もないから、上記の持ち物で収まってます。


無理して、人のライフスタイルに合わせると、かえってストレスです。
それは持ち物についても同じです。

普段お菓子を持ち歩いている人が、手ぶらになりたいから、お菓子を我慢したら、快適さよりもストレスがかかります。

それよりも、自分の快適さを追求した方が生活をした方が幸せです。


でももし、荷物重いな、もっと軽くしたいなと思ったら、友達と遊ぶ時や1人で出かけるときなど、失敗しても被害が最小限に収まりそうな場面で手ぶらを試してみてください。

人によってはハマります。