えるばブログ

精神的に楽になって生きやすくなった理由を書くブログ

欠点を克服するのやめた【自分がやめたものを挙げました】

f:id:erba15:20191219203210j:image

何か自分に欠けているから頑張っていると、できた時の達成感はあるが、それも一瞬で消えて、また次の欠けている部分が見えてきます。

 

自分に欠けた部分があるのが嫌で、どうにかその穴を埋めようとしていました。

 

でも欠けている部分って実は個性になりうるものだったんです。

 

実はみんながそれをわかっていたのに、自分は理解するのに随分長い時間がかかりました。

 

でも今からでも遅くないです。

 

マイナスをいきなりプラスに持っていこうとするから、きついし、できなくて自信をなくします。

 

そんなことで自信を失いたくないし、失って欲しくない。

 

なのでこれからのために、今まで僕が欠けていると思って、埋めようと努力したものを書いていきたいと思います。

 

同じように欠点を埋めようと思って、無理してる人がいたら、余計苦しくなるだけだと伝えたい。

 

人見知り

昔から人見知りしてしまって、人とうまく話すことができないし、大勢の前で何かをするってことが困難だったんです。

 

だけど人前で平気でいる人がまぶしく見えて、どうにか人見知りを改善しようと、人と頻繁に会ったり、飲み会に参加したり、とにかく人と接する機会を増やしました。

 

またバイトもカフェで接客業をして、どうにか人前に出ることに慣れようとしました。イベントで司会をやってみたりもしました。

 

ですが、結局うまくいかず、自信は失うし、ただただ疲れてしまい、前よりも人見知りがひどくなった気がしました。

 

自分は人と関わる仕事は無理だなと思いました。人脈を広げてパワフルに仕事するのは無理だと思いました。

 

そんなときにとある記事で、人と多く接さなくても幸せだというものを見つけて、多くの人接すること、人脈を気づきていくことが正解ではないということを知りました。

 

むしろ、人見知りにも一人でいるのが苦じゃない、目の前の作業に集中できるなどいつも自分が当たり前にやっていることが長所だと知ることができました。

 

それからは無理して参加していた飲み会や、無理して広げた人付き合いをやめて、楽になりました。

 

人と会う回数自体は減ったのですが、前よりも人見知りしなくなるし、少ない人だからこそ、付き合ってくれる人達のことをよりしっかり考えられるようになりました。

 

なので人見知りを治すことをやめました。

 

 

見栄のために知識をつける

自分の知らないことがあることっていうことが嫌で、知らなくても知ったかぶりしたり、興味のないこと、必要のないことでもひたすら知っている状態にしようと努めました。

 

その知識をつけるために本来自分が知りたいことに時間が避けずにいました。

 

また時間は有限なので、全てを知ることはできません。ですが全てを知ろうとして結局身につけた知識をさらに深く理解することができず、表面しかわからないし、かなり知識が浅くてつまらない人になってしまいました。

 

僕が面白い話をしているなと思った人たちは、狭い分野を圧倒的に知っている人たちでした。

 

そして気づいたのが、圧倒的な知識を持っている人たち、又は自分が詳しく知っていることって自分が興味あって自然に調べて詳しくなっていったものが多いということです。

 

その方が苦もなく知識はたまるし、それを人の役に立つように伝えられると思います。

 

なので、見栄のために知識を得ようとするのはやめました。

 

 

将来の不安をなくすための能力開発

知識と似ているんですが、やりたくもないのに将来の不安を除くために、スキルを磨こうとしてました。

 

僕は法律を勉強していたんですが、このまま普通に就職してもお先真っ暗だと思って、弁護士を目指して勉強してました。

 

ある程度はできたのですが、一定以上になるとそれだとモチベーションが保てなかったんですよね。

 

しかも今使うわけでも、すごく興味があるわけではなかったので、なかなかうまくいかなかったです。(単に能力不足かもしれませんが)

 

ただ、その場から離れて社会を見てみると、別に法律の詳しい知識を持っていなくても立派にやっている人はいるし、幸せそうな人がたくさんいました。

 

なので、不安を基にスキルを磨くことをやめました。

 

僕はまず社会をちゃんとみるというスキルを身につけなければならないなと思いました。

 

 

長時間活動すること

すごい人って人より体力があって、徹夜とかできて、長い時間やっているからこそ成果が出ていると思っていました。

 

僕は長時間活動することが嫌いだったし、徹夜もできない人間だったけど、それができないといけないと思って、克服しようとしました。

 

一日中働いてみたり、夜中の4時まで起きて仕事したりしました。

 

結果僕は体調を崩して丸一日潰したし、まったくやる気が出ない状態になりました。

 

そもそもこれは無理だったんです。

 

睡眠は自分にとって必要不可欠だし、働きすぎはむしろ能率を下げます。

 

なので、無理に長時間活動することをやめました。

 

また僕は好きなことでもある程度見切りをつけてやめるようにしています。

 

そうじゃないと好きであることを維持できないからです。

 

 

 

以上主なものをあげてみましたが、他にも欠点は沢山あります。

 

だけどこれからは不安になって、欠点を埋めるのではなく自分の長所を発見し、伸ばすことに時間を使えると、よりうまく生きていけます。